「上海の伯爵夫人」
●時代の不安と、定点を持たぬ人の心を軸に、刹那の時代の矜持を刻印。

上海の伯爵夫人8.jpg紗のかかった、あるいは少々脱色させたような色合いの中を、1930年代半ばを過ぎる戦時を予感する、一種デカダンスの風合いを帯びて、男と女がゆるやかに舞う。

時代に翻弄され崩れ去りそうにもなりながら、ひっそりと寡黙に耐え、その矜持を守り育てる男と女。

その、男と女がまことにいい。レイフ・ファインズと、ナターシャ・リチャードソンである。
ナターシャはトニー・リチャードソンとバネッサ・レッドグレイプの娘、と言っても、もうこの作品のとき42歳。代表作のひとつは間違いのないこととなろう「上海の伯爵夫人」(2005)の臈たけた美しさである。

上海の伯爵夫人6.jpg貴族一家の生計を一身に受け、とかく白い眼で、その家族にも見られながら、陋巷の巷に身を落とし、寡黙にその時代を生き抜くロシア伯爵夫人ソフィアと、家族を失い視力も失ってあらゆる望みを断たれながら、夢見るクラブを上海に造る元外交官ジャクソン。
そのふたりの見事にストイックな想いを底辺に据えながら、まさしく占領軍に違いない日本軍人の軍靴の響きを控え、その時代に翻弄されかかろうとする刹那の時代……。

なるほどクリストファー・ドイルの映像か、起伏の少ないドラマを大きくその映像の甘美が、内なる起伏を演出する。しかも原作オリジナルシナリオがカズオ・イシグロ、そのイシグロ作品映画化に地味ながら着実な絵模様を仕上げてきたジェイムズ・アイヴォリーの、内面の緊張が見事に点綴される、英米独中合作の名品。

こんな時代の不安と、定点を持たぬ人の心を、たゆたうように示した映画を見ると、日本映画も満映時代を背景としてよもやのエピソードを紡ぎ出せないものかと想う。(願う!)
そんなことも感じてしまう、これは豊かな、或る時代の抽出である。
人はいかなる時代においても、誇りを払底しては生きられぬあえかなる存在、そのギリギリの心理的拘束がむしろ典雅にも覚える、これは時代と人とのせめぎあいの、内なる豊かな証言。
上海の伯爵夫人4.jpg 人気ホームページランキングへ

上海の伯爵夫人」THE WHITE COUNTESS(2005/136分/英米独中)
監督:ジェームズ・アイヴォリー
脚本:カズオ・イシグロ
撮影:クリストファー・ドイル
音楽:リチャード・ロビンズ
出演:レイフ・ファインズ、ナターシャ・リチャードソン、ヴァネッサ・レッドグレイプ、真田広之


スポンサードリンク
posted by 映画貴族ニャン at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人生>上海の伯爵夫人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112784642
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Copyright(C)2009by輝ける映画のときめきAll rights reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。