●第64回ゴールデン・グローブ賞の名スピーチ!

warllen.jpg warllen3.jpg

映画賞シーズンも、真打ちアカデミー賞でほぼ幕ですが、授賞式はいずれも華やかで、ことに女優さんたちのドレスは勝負服というべきまぶしいくらいの魅力発散で、まずはその美しさに眼が行くわけです。

日本アカデミー賞は、こじんまりと趣向がイマイチではありますが、それでも女優さんの美しさでは引けを取ってはいませんでした。JI2.jpg
なにしろ映画そのものは失望することが多く、よく日本映画ベストテンなど選ぶ蛮勇をお持ちかと感心するわけですが、女優さんはこの授賞式で発見することも多く、今回ことに表情が輝いていたのは中谷美紀さんでした。肝心の映画はいずれ拾うつもりですが、柴咲コウも数年前の授賞式で発見、観客として女優さん発見は近頃この授賞式からというのもある意味、淋しいものです。

しかしなんと言っても今年の白眉は録画しておいたゴールデングローブ賞授賞式、そのスピーチの絢爛ぶりはアカデミー賞も凌駕していたのではないでしょうか。
実はこうした授賞式のお楽しみはなんといっても必ず誰かすばらしいスピーチがあるはずだから、というところにあって、誰が受賞するかよりも、実はその点が最大なんですね。まあごひいきが受賞するに越したことはありませんが、時の運、漁夫の利、ささやかなグループの勝利くらいに思っておいたほうが無難で、一夜の夢、お祭りではあるでしょう。

今回はまずメリル・ストリープでした。Merill.jpg
なにしろマジック・メリルと謳われた芸達者、ほんのお買い物ついでに授賞式に参りました、というぐらい受賞慣れしているはずなのに、嬉しがり方が尋常では無かったですし、その初々しさの見せ方の割に、ご貫禄の落ち着きぶりもあって、その巧さに改めてホレボレでございました。名女優の馥郁たる度量に改めて感嘆いたしました。

そしてそして、アカデミー名誉賞にあたるセシル・B・デミル賞を受けたウォーレン・ビーティ(この記述もビューティ、ベイティさまざまあって検索のときホントに困りますが!)、そしてそのプレゼンターであるトム・ハンクス、このふたりの、結果として見事なリレー・スピーチは、大いに見ものでありました。見ものという以上に、満場の喝采を受けた名スピーチとして歴史的なものでありました。

まずトム・ハンクスがウォーレン・ビーティの映画人生をやっかみ混じりに辿り、いよいよそのプレイボーイぶりを会場に向かって「(関係した)女性、手を上げて!」と数え上げます。もちろん手など誰も上げませんが指折り数え上げていくんですね。それを終えてこんどは「次はGUY!」とやったもんですから満場大爆笑。
これもトム・ハンクス自身が授賞歴豊富だから大いなるやっかみがさらにゆとりを持って効いてくるわけです。

その散々のやっかみスピーチの後を受けたウォーレン・ビーティがさらにそのやっかみのレールに乗り、同世代のダスティン・ホフマン、クリント・イーストウッド、ジャック・ニコルソン(ダスティン・ホフマンとジャックニコルソンは同年<'37>年生まれ)がいまなお現役で活躍している姿をやっかみ、そのニュースを聞くたび、気が気ではないとやるわけです。

なにしろあれこれ浮名の連続、ようやくの初婚がアネット・ベニングとの55歳時、そのあとは意外やしっかり家庭人として定着し、そのスピーチの前から微笑の絶えない夫妻同席のフォーカスもあるわけですから、羨ましいようなものです。warllen4.jpg
しかもそんなビーティが先頃同時に2本も監督作(ベイティは監督作4本)を仕上げてしまったイーストウッドに、「どうしてそんなことが出来るんだ」と怒って見せたり、傑作は、歳を加えても出演作が少しも減らないニコルソンに「俺は居ても立ってもいられない、俺をディパーテッド(葬る)つもりか!」と言って見せたくだりでした。

もちろんこれはニコルソンの新作「ディパーテッド」に引っ掛けたもの謂いなわけですが、まあ大爆笑、見事なものでした。
最後には次なる未来を期待できる新人でありたいと、ベニングに向かってのラブコール、舌を巻くばかりでしたね。
ホンに役者やなあ、と感嘆新たな一夕でありました。

このスピーチにかなうアカデミー賞スピーチは見当たりません。
よってここに記憶にとどめたい、というわけです。

Copyright (C) 2007 Ryo Izaki,All rights reserved.


スポンサードリンク
posted by 映画貴族ニャン at 10:45 | Comment(2) | TrackBack(8) | 番外編>第64回ゴールデン・グローブ賞
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
記事を大変興味深く読ませていただきました。こういう賞のとらえかたを記録として残すのも素敵だなと思いました。
Posted by hyoutan2005 at 2007年03月01日 13:58
TBありがとうございました!

私もこの授賞式を見ましたが、やはりウォーレン・ベィティとトム・ハンクスのスピーチに、ただただ圧倒されました。

どの作品がどの賞を受賞する・・ということよりも、アカデミー賞も含めて、授賞式のスピーチが楽しいと思う今日このごろです!
Posted by D at 2007年03月01日 16:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34902173
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

2.26 夜
Excerpt: 菊地凛子さん受賞逃す、アカデミー賞  映画の祭典「第79回アカデミー賞」の授賞式が、アメリカ・ロサンゼルスで行われ、助演女優賞が期待された菊地凛子さん(26)は、惜しくも選に漏れました。  「..
Weblog: 地球の日記☆マーク♪のblog☆
Tracked: 2007-03-01 10:27

2.26 の出来事
Excerpt: 最新の映像ニュース詳細は http://ameblo.jp/a007mark/  で アカデミー賞:「ディパーテッド」が4冠を獲得  ロサンゼルスのコダックシアターで25日(日本時間26日)開か..
Weblog: ニュース☆もう新聞紙は要らない
Tracked: 2007-03-01 10:28

第79回 アカデミー賞発表!
Excerpt: 第79回 アカデミー賞各賞が発表されました♪ *作品賞     『ディパーテッド』  *監督賞     マーティン・スコセッシ 『ディパーテッド』 *主演男優賞  フォレスト・ウィテカー ..
Weblog: Sweet* Days
Tracked: 2007-03-01 11:34

速報! 第79回米国アカデミー賞結果発表!
Excerpt:  まずは、結果の発表から。
Weblog: 海から始まる!?
Tracked: 2007-03-01 12:55

アカデミー賞結果記録
Excerpt: 「第79回アカデミー賞最終結果報告」【第79回アカデミー賞 ノミネート作品】一日遅れですがとりあえず記録代わりに記事を載せます。<作品賞>◎「ディパーテッド」(マーティン・スコセッシ監督)   「バベ..
Weblog: ひょうたんからこまッ!
Tracked: 2007-03-01 13:55

アカデミー賞
Excerpt: 決して賞が全てじゃないけれど!! 今日はアカデミー賞決定の日♪ 映画ファンにとっては、ついワクワクする一日です 授賞式が見たいためにWOWWOWに加入したい!!とも思ったけれど ここはググ..
Weblog: 映画を観よう
Tracked: 2007-03-01 17:01

『ドリームガールズ』
Excerpt: 先日のアカデミー賞授賞式で、ジェニファー・ハドソンが最優秀助演女優賞を 先立つゴールデン・グローブ賞では同じくジェニファー・ハドソンが助演女優賞を、エディー・マーフィーが助演男優賞を受賞したことで脚光..
Weblog: ほるすのしっぽ
Tracked: 2007-03-02 12:46

第79回アカデミー賞
Excerpt: 今年はたくさん報道されていて、ちょっと盛り上がっていたアカデミー賞の結果が出ました! ■ アカデミー賞受賞結果速報 「ディパーテッド」が作品賞・監督賞・脚色賞・編集賞の主要4部門を受賞で最..
Weblog: MOMOCINEMA
Tracked: 2007-03-03 15:52
Copyright(C)2009by輝ける映画のときめきAll rights reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。