「ペーパー・チェイス」
●人生予備軍としてのアカデミズムへの闘い!


教授 リンゼイ・ワグナー

青春時代とは、所詮人生予備軍、遂には人生のレギュラーとして、勝敗のめどもつかぬ闘いにいまだ参戦せず、というところもあって、それが故にこそアナーキーな雄叫びも反抗も、後先の見返りも求めず、突き進んで行けるものでもあるだろう。

だがしかし、この青春映画はいささか勝手が違う。ペーパーとは答案用紙、正解との追いかけっこ、カーチェイスのようには派手でもなく、恰好も良くない辛気臭さ。
ペーパー・チェイス、実は単位を取る人生予備軍の闘いなのである。

教授に名指しされるたびに緊張が走る。
「ハートくん!」
そう幾度も呼びながらプロフェッサーはいっかなその名を覚えようともせず、
「ところで、君の名は?」

ティモシー・ボトムズ確かに抵抗も反抗もしてみた。
「先生はクソだ!」と、言ってみもした。
教授に背を向け、教室を立ち去ろうとさえ試みてはいる。
だがしかし、「ハートくん!席に戻りたまえ!」
その電撃のようなひとことに、たちまち萎縮し言いなりのロボットとなるハートくん。

教授2ハートくんには恋人がいて、知らずにつき合っていたけれども、実はその教授の娘、別居中の夫すらいる。
教授に扮するのがジョン・ハウスマン(ヘンリー・フォンダの舞台仲間にして友人、貫禄の名演である)ハートくんはティモシー・ボトムズ(いかにもいまだ座標軸を持ち得ずの過度期としてのキャラクターを好演)そして恋人がリンゼイ・ワグナー(この作品の後、バイオニック・ウーマンとして、走れマックス!の掛け声とともに盛名を馳せる)

教授とハートくん実にそんな逆三角の二等辺三角形のどんづまりに、いまひとつ居心地もすっきりとしないハートくんだが、6人で始めた勉強会についていけず、最後の方では脱落して3人となるその中に残るのだから充分に優等生なのである。
なにしろハーバードの法科ということである。ロウスクールといったって、Lowではなく、Lawなのだから。

青春期に避け得ない、勉学を主題として、しかしなんとそのアカデミズムが心地よく見えてしまうことだろう。この作品を見ると単位を獲ち取ることすらが、ささやかな冒険の旅に思えてくる。
たとえその免状を紙ヒコーキにして飛ばしてしまおうとも、である。

ハートくん 勉強会
ペーパー・チェイス」THE PAPER CHASE(1973/112分/米Fox)
監督&脚本:ジェームズ・ブリッジス
撮影:ゴードン・ウィリス
音楽:ジョン・ウィリアムズ
出演:ティモシー・ボトムズ、リンゼイ・ワグナー、ジョン・ハウスマン


スポンサードリンク
posted by 映画貴族ニャン at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 青春>ペーパー・チェイス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Copyright(C)2009by輝ける映画のときめきAll rights reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。