「捜索者」
●世代の断絶を超える凛冽!

捜索者.jpgジョン・フォードも遠くなりにけりの昨今でも、この西部劇を見逃すのはいかにも惜しい。その晩年の最高作であるとともに、ジョン・ウェインの西部劇役者としての枯淡の境地を刻印してあますところがない。そして、ヘンリー・フォンダの後継者と目されたジェフリー・ハンターがみずみずしい魅力である。

フォード一流の映像詩としてのカメラも淡々と美しいが、おなじみのフォード一家のアンサンブルに加えて、ナタリー・ウッドヤヴェラ・マイルズの存在もなかなかに魅力に満ちた、これは西部劇というジャンルさえ超えた人生劇にも昇華した出来栄えなのである。

捜索者2.jpgインディアンに一家惨殺をされたその復讐劇だが、重く暗いその怨念をさらに重層的に見せるのがジェフリー・ハンター、そしてコマンチ族の一員と化したナタリー・ウッド、その3世代が対立軸を明らかにしながら、その姪を銃撃しようとするイーサン・エドワーズと立ちはだかるマーティンの、遂に銃を構え合ったシーンこそがこの作品の主題を鮮烈にする。
自らの矜持を守れば守るほど、その時代にまみれた世代間の亀裂は深い。そのありようを刻印し尽くしたワンショットといえば、過褒に過ぎるだろうか?

捜索者5.jpg暗黙の許婚同士のマーティンとローリー、その掛け合いのユーモア、「そろそろぼくたち、ステディになってもいいんじゃない?」というマーティンに、あきれたように「私たち、3歳の時からステディよ」と返すローリー、全裸の行水を見られて恥ずかしがるマーティンを輪をかけてじろじろ見返すローリーの映像など、男と女のある典型を描き続けたフォードの、まさに面目躍如という莞爾たるシーンだろう。

復讐の底に流れるイーサンの家族への愛、断念を知る愛あればこそ、それを他人が斟酌するのさえハナから無理のような断絶の愛、それこそが世代それぞれが孕む生の実質なのであること、そんな凛冽な愛が底辺に流れる、これは至純の人生観照の映画なのでもある。
暗い室内からまばゆいばかりのドア越しの外景をとらえた、冒頭とラストショットの符合は、そんな人生劇をあえかに閉じ込めた額縁のようにも見える完成度である。
人気ホームページランキングへ

捜索者11.jpg 捜索者15.jpg
捜索者」(THE SEARCHERS 1956/119分/米)
監督:ジョン・フォード
脚本:フランク・S・ニュージェント
撮影:ウイントン・C・ホック
音楽:マックス・スタイナー
出演:ジョン・ウェイン、ジェフリー・ハンター、ヴェラ・マイルズ、ナタリー・ウッド、ウォード・ポンド、ケン・カーティス
 
スポンサードリンク
posted by 映画貴族ニャン at 12:54 | Comment(16) | TrackBack(0) | 西部劇>捜索者
Copyright(C)2009by輝ける映画のときめきAll rights reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。