「ポワゾン」
●とことんつき合いたい悪女、映画ならばこそ!

ポワゾン08.jpg ポワゾン04.jpg 
アンジーこと、アンジェリーナ・ジョリーの魅惑にハマっている方は多いことだろう。ブラピもまたぞっこん、メディアはふたりを称してブランジェリーナという造語すら命名したくらいだ。
かくいう筆者も眼を切らないでアンジーの動向には魅き寄せられる。

そのきっかけとなったのが「ポワゾン」(2001)。ずいぶん前のような気もしたがほんの7年前、アンジーはまだ26歳。若き日の必見の代表作と筆者は信じて疑わない。

その理由の最大はアンジーに違いないのだが、いまひとつこの原作となったウィリアム・アイリッシュの『暗闇へのワルツ』は既に映画化があって、それがフランソワ・トリュフォーの「暗くなるまでこの恋を」('69)であること。

この作品トリュフォーのフィルモグラフィーの内では不当に無視されることも多いのだが、実にトリュフォーの愛の、純粋なカタチを優れて成功させた作品と筆者は観ていて、表層的な「夜霧の恋人たち」('68)哀しみに充ちた「恋のエチュード」('71)よりも、好みにして成功作なのである。 

カトリーヌ・ドヌーヴ+ジャン・ポール・ベルモンドに代わるアントニオ・バンデラス+アンジーは? ということで駆けつけたんですね。
監督のマイケル・クリストファー、アンジーの出世作と言われるTVM「ジーア/悲劇のスーパーモデル 」('98)でもそのメガホンを撮り、アンジーを知悉している、そのことが見事に生きています。

ポワゾン01.jpg映画は牢獄のヒロイン、その牢越しにとらえられるアンジーのいかにも猥雑で、もの欲しげ、いわば品の悪いその最大の魅力を刻印して始まります。あざといほどの下唇の真ん中に見事に彫られたようにある縦線、もうこれだけでこの演出に相当な信頼を寄せてしまったほどです。
このヒロイン、育ちの悪さでは、なかなかふつうに生きていては経験できないどころか、挫けてしまうような境涯を過ごしてきた女で、それだけにすさまじいほどのバイタリティも鍛えられてきているのです。

舞台はキューバですから、ラテン系の音楽がしっかり奏でられていますが、まさしくそんなバイタリティにふさわしき舞台装置と言えます。
育ちの悪い女と御曹司、またこの逆に深窓の令嬢と育ちの悪い男、これは映画の歴史の中で実は定番の組み合わせで、現実を超える真実が、そこで明らかにされるわけです。(「哀愁」もそうですし、「陽のあたる場所」も、そうです)

原題はORIGINAL SIN、原罪、とでも訳せばいいのでしょうか。人間のもとよりある嗜好、とでも云った方がもっと明らか、かもしれません。
つまりは悪女も人間、その拠って来たる所があるわけです。その品のよくない魅惑の根源、アンジーが見事に演じています。

ポワゾン10.jpg ポワゾン05.jpg 人気ホームページランキングへ

ポワゾン」ORIGINAL SIN(2001/116分/米)
監督&脚本:マイケル・クリストファー
撮影:ロドリゴ・プリエト
音楽:テレンス・ブランチャード
出演:アントニオ・バンデラス、アンジェリーナ・ジョリー、ジョーン・ブリングル、アリソン・マッキー、トーマス・ジェーン

スポンサードリンク
posted by 映画貴族ニャン at 17:57 | Comment(1) | TrackBack(0) | サスペンス>ポワゾン
Copyright(C)2009by輝ける映画のときめきAll rights reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。